冬空花火

作詞:kz
作曲:kz
歌:ClariS

外れっぱなしの天気予報は いつもの街を白く飾った
總是不準的天氣預報 為一成不變的街道點綴上了白色
曇った窓を覗いていると いつもの君がいたんだ
瞄了一眼不是很清楚的窗外 發現一直以來的你在那
「花火をしよう」だなんて 私の手を取り微笑む
「來放煙火吧」這麼說著 你牽起我的手微微一笑

かじかむ手で 灯りを燈して
用被冰凍的手 點亮了光芒
澄んだ夜空に咲いた花は 積もる雪も融けてしまうほど
在清澈的天空中綻放的花朵 彷彿連地上的積雪都能夠融化
きっと忘れないね この温もり
一定不會忘記的吧 這份溫度

君が変えてく私のセカイ 少しずつ色塗り替えていく
被你漸漸改變的我的世界 一點一點的改變原來的色彩
二人笑って手を繋げれば 季節も超えていけるよ
只要我們兩人笑著牽起手 就連季節都能夠跨越唷
「たまには悪くないね」と 強がりも君は笑って
「偶爾這樣也不錯呢」 就算是逞強你還是笑了出來

白い息の向こう側を照らす
照亮了白色吐息對面的世界
ほんの刹那に咲いた花は 胸の中に暖かく残る
僅是剎那間綻放的花朵 卻在心中留下了暖暖的溫度
ずっと忘れないよ こんな時間(とき)を
一直一直都不會忘記唷 我們的這一段時間

いつか君が遠くに行って 私の手が届かなくなっても
儘管有一天你會到很遠的地方去 遠到我的手無法觸及
積もる記憶 絆になって ずっと続いていく
累積下來的回憶 成為羈絆 一直一直延續下去

白く染まる夜に灯された 小さく光る二つの花
在被染成白色的夜裡被點亮 發著微光的兩朵花
きらめくのは刹那だとしても 明日を照らしている
儘管它們的絢麗只在剎那之間 也能夠照亮明天

かじかむ手で 灯りを燈して
用被冰凍的手 點亮了光芒
澄んだ夜空に咲いた花火 積もる雪も融かしていくんだ
伴隨在清澈夜空中綻放的煙火 地上的積雪也漸漸融化了
ずっと忘れないよ こんな時間を
一直都不會忘記唷 我們的這段時間
文章標籤
創作者介紹
創作者 1234567890 的頭像
1234567890

喜歡的歌詞翻譯

1234567890 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()