Last Squall

作詞:長沢知亜紀(CWF)・永野小織(CWF)
作曲:長沢知亜紀(CWF)・永野小織(CWF)
歌:Clara

最後のスコール 心ごと濡れたって流せない
最後的突風暴雨 即使連心靈都浸濕了也說不出口
「…愛してる」
「…我愛你」

夏の終わり 揺れる蜃気楼 君の姿見えた気がした
夏日的終結 搖曳的海市蜃樓 彷彿能夠看到你的身影
風が運ぶ 恋の匂い 仰いでも冷めない熱帯夜
伴著風吹來的 戀愛的氣息 即使仰頭也不會轉涼的熱帶夜
鮮やかに色づいてる もう戻らない煌めき
染上了鮮豔的色彩 卻再也回不去那閃耀
ずっと私だけが 掬われない金魚のよう
一直都只有我一人 如撈不起的金魚一般
どこにゆけばいいの?
我應該前往何處呢?

溢れだす涙 あの日のスコールみたい
滿溢出來的淚水 就像那天的狂風暴雨一般
どうして出逢ってしまったの
為什麼我們兩人相遇了呢
止まらない想い 決まってるエピローグ
停不下來的想念 已經被決定好的後記
どうして離れなきゃいけないの
為什麼我們必須要分離呢
許されない未来ならば あと少しそばにいたい
即使真是無法被原諒的未來 還是想在你身邊多待一些
最後のスコール 心ごと濡れたって流せない
最後的突風暴雨 即使連心靈都浸濕了也說不出口
「…愛してる」
「…我愛你」

月が浮かぶ夜のはじまり 夢で君に逢えますように
月亮升起夜晚的開始 希望能夠在夢中與你相會
光る星座 遥か彼方 天の川 繋いではくれないの
發光的星座 遙遙彼方 銀河 不會把他們連起來嗎
遠ざかる時は流れ 重なってゆく戸惑い
漸漸遠去的時間流逝 漸漸重合的困惑
きっと君のせいだね
那一定是你的錯吧
救われない金魚のよう ずっと彷徨ってるの
就像無法被撈起的金魚 一直一直都在徬徨著啊

伝えたい言葉 あの日のスコールみたい
想告訴你的話語 就像那天的狂風暴雨一般
どうして願ってしまったの
為什麼我許下了願望呢
気づいてた想い 変えられないストーリー
即使注意到了思念 還是無法改變的故事情節
どうして諦められないの
為什麼就是無法放棄呢
通り過ぎた過去でさえも 大切に守りたい
就連已然流逝的過去 也想要珍藏地守護著
突然のスコール ふたりひとつの傘に隠してる
突然間的狂風暴雨 那隱藏在我們兩人同一把傘下的
「…愛してる」
「…我愛你」

記憶は七色に輝いて
記憶正閃著七色光芒
いつかこの空にも 同じ虹がかかるでしょうか
是否有哪天 這片天空也能夠架起這般美麗的彩虹呢

溢れだす涙 あの日のスコールみたい
滿溢出來的淚水 就像那天的狂風暴雨一般
どうして出逢ってしまったの
為什麼我們兩人相遇了呢
止まらない想い 辿り着いたエンドロール
停不下來的想念 終究是到達了落幕時分
どうして離れなきゃいけないの
為什麼我們必須要分離呢
許されない未来ならば あと少しそばにいたい
即使真是無法被原諒的未來 還是想在你身邊多待一些
最後のスコール 心ごと濡れたって流せない
最後的突風暴雨 即使連心靈都浸濕了也說不出口
「…愛してる」
「…我愛你」
文章標籤
創作者介紹
創作者 1234567890 的頭像
1234567890

喜歡的歌詞翻譯

1234567890 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()